脂質異常症とは

 

脂質異常症という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

これは、血清トリグリセリド(中性脂肪)の高い高脂血症と、
LDLコレステロールが高くてHDLコレステロールが低い異常コレステロールを総称して、
2007年から脂質異常症と呼ばれるようになりました。
(高脂血症という言葉がなくなったわけではありませんが)

 

日本動脈硬化学会では、脂質異常症の診断基準を書きのように定めています。
<脂質異常症の診断基準(血清脂質値:空腹時採血)>

  • 高トリグリセリド血症:トリグリセリド≧150mg/dL
  • 高LDLコレステロール血症:LDLコレステロール≧140mg/dL
  • 低LDLコレステロール血症:LDLコレステロール<40mg/dL

 

以前の基準では、総コレステロール値が220mg/dLを超える場合も診断基準に入っていましたが、
動脈硬化の予防・進行の阻止を目標とするために、
総コレステロール値よりもLDLとHDLのバランスが大切ということで、総コレステロール値は除外されました。

 

脂質異常症は、なぜ起こる?

脂質異常症は、なぜ起こるのでしょうか?
理由を大きく分けると、原発性と二次性の二つがあります。

 

主に遺伝因子によるものを原発性脂質異常症、
ライフスタイル等が原因となるものを二次性脂質異常症(高脂血症)と言います。

 

脂質異常症の分類
  • 原発性−遺伝子異常
  • 原因不明のもの
  • 明らかな家族歴のあるもの(家族性高脂血症)
  • 二次性−生活習慣の乱れ(暴飲暴食・運動不足・喫煙)
  • 基礎疾患(糖尿病、甲状腺機能低下症など)によるもの
  • 薬物(ホルモン剤、降圧薬など)によるもの

 

家族性の脂質異常症

若くて痩せているのに、脂質異常症を指摘される人がいますね。
これは、典型的な家族性の脂質異常症です。
この場合、親も同じように若い時から脂質異常症です。

 

二次性脂質異常

一方で、30代・40代になって太ってきて脂質異常を指摘されたという人は、
生活習慣によるものが理由になることが多いでしょう。

 

食生活が大きく影響しているので、同じ物を食べている家族が皆ポッチャリ体形ならば、
遺伝ではなくて多くが二次性と考えられます。
(つまり、血のつながった家族だけれども、皆二次性の脂質異常症というわけですね。)

 

脂質異常症は、自覚症状がありません。
しかし、放置してしまえば動脈硬化のリスクを高め、
心筋梗塞や脳梗塞といった大変な病気を引き起すことになります。

 

家族性の場合は、若いうちから内服治療が必要になることもあります。
二次性なら、生活習慣を改善することで正常値に戻すことも可能です。

 

まずは手元にある健康診断の結果で、この3つの値を確認してみましょう。

  • トリグリセリド
  • LDLコレステロール
  • HDLコレステロール

 

もし生活習慣が原因かも・・・と心あたりがあるなら、まずは生活習慣を改善することから初めましょう。

 

関連ページ

中性脂肪にサントリーDHA&EPA+セサミンEX
DHA・EPAの弱点である酸化しやすいという点を補ったセサミン配合のサントリーDHA&EPA+セサミンEXがおすすめです。
コーヒーで中性脂肪を減らす効果的な飲み方とは?
コーヒーには、中性脂肪が燃焼する効果があると言われています。効果的な飲み方を学び一気に中性脂肪値を下げてしまいますか?
中性脂肪をコントロールする方法
各種中性脂肪をコントロールする方法について綴ります。
中性脂肪が高い人が気をつけなければいけないこと
中性脂肪が高めの人が注意するべき点についてまとめてみました。
美味しい上に中性脂肪も下げてくれる優秀な飲み物「お茶」
中性脂肪は、飲み物を変えるだけで対策できます。具体的なお茶を紹介します。
痩せてるから大丈夫・・・ではない!遺伝性で中性脂肪が高い人
自分は痩せているから中性脂肪の心配はいらないと思っていたら大間違い!痩せていても中性脂肪が高いケースもあるのです。
中性脂肪と内臓脂肪のふか〜い関係
脂肪の種類には皮下脂肪、中性脂肪、内臓脂肪があります。中性脂肪や内臓脂肪は多くなると病気の原因となりますが、中性脂肪も内臓脂肪も生きていくためには必要不可欠なものです。 中性脂肪や内臓脂肪にはそれぞれ異なった特徴があります。
子供の脂質異常、お母さんが気をつけて!子供の脂質異常症の原因
若くして脳梗塞や心筋梗塞なんて大きな病気に罹らないようにするためにも、子供の脂質異常はお母さんが気をつける必要があります。
ワカメの中性脂肪を減らす働きに注目!
長崎大学の教授による、ワカメの中性脂肪を減らす効果に対する実験結果に注目が集まりました。特に肝臓での中性脂肪の減少は顕著だったそうです。
脂質異常症の薬の種類を知らないでは済まされない!
脂質異常症の治療はLDLコレステロールを下げるものとトリグリセリドを下げる薬とに分けられます。では、それぞれどんなタイプの薬があるのでしょうか?