美味しい上に中性脂肪も下げてくれる「お茶」いろいろ

 

血液検査を受けたら、中性脂肪が高いということが数値で判明したという方も多いことでしょう。

中性脂肪が高くなりすぎますと、高脂血症となってしまいます。
これは血液の中に脂肪が増えすぎた状態で、まず血管の中に粥状のものが溜まってしまうことで、血管が狭くなってしまいます。
すると血管が詰まりやすくなり、脳や心臓の怖い病気の原因となります。

 

また、血管がドロドロになれば、その流れにくい血液を流すために、高血圧になってしまいます。
すると血管への負担が大きくなり、動脈硬化も起きてしまいます。
こうしたことから、中性脂肪はぜひ減らしたいものです。

 

そこで楽しく、長続きできる対策法をご紹介します。
それは飲み物です。
具体的にはお茶です。

 

お茶の中には、中性脂肪対策ができるものがいろいろあります。
これなら運動が嫌いだったり、食生活を変えたくないという方でも、飲み物を変えるだけで対策できます。
それではそういったお茶をいろいろご紹介しましょう。

 

烏龍茶

まずは烏龍茶です。
脂肪燃焼効果があることが知られており、トクホになっている商品もあります。
烏龍茶は癖もなくて飲みやすい飲み物ですので、その点も大きなメリットです。

 

プアール茶

続いてプアール茶です。
没食子酸と重合カテキンという成分が、脂肪が吸収されるのを防いでくれます。
さらに脂肪を燃やす効果もありますので、一石二鳥の働きです。

 

緑茶

以上は中国茶ですが、日本の緑茶も効果的です。
カテキンが入っており、これが高脂血症に効果を発揮することがわかっています。

 

シモン茶

さてダイエットのお茶として有名なのがシモン茶ですが、これは効果があるでしょうか?

 

シモン茶にはレシチンという成分が多く含まれています。
レシチンは中性脂肪や悪玉コレステロールを分解して外に出してくれます。

 

ギャバロン茶

最後にご紹介するのはギャバロン茶です。
これは発酵させることでギャバという成分を増やしたものです。

 

ギャバには余計な脂質を減らしてくれる効果があります。
それ以外にもストレス耐性を高めてイライラを鎮め、すっきりした脳を実現してくれるなどの働きもあります。

 

関連ページ

中性脂肪にサントリーDHA&EPA+セサミンEX
DHA・EPAの弱点である酸化しやすいという点を補ったセサミン配合のサントリーDHA&EPA+セサミンEXがおすすめです。
コーヒーで中性脂肪を減らす効果的な飲み方とは?
コーヒーには、中性脂肪が燃焼する効果があると言われています。効果的な飲み方を学び一気に中性脂肪値を下げてしまいますか?
中性脂肪をコントロールする方法
各種中性脂肪をコントロールする方法について綴ります。
中性脂肪が高い人が気をつけなければいけないこと
中性脂肪が高めの人が注意するべき点についてまとめてみました。
痩せてるから大丈夫・・・ではない!遺伝性で中性脂肪が高い人
自分は痩せているから中性脂肪の心配はいらないと思っていたら大間違い!痩せていても中性脂肪が高いケースもあるのです。
中性脂肪と内臓脂肪のふか〜い関係
脂肪の種類には皮下脂肪、中性脂肪、内臓脂肪があります。中性脂肪や内臓脂肪は多くなると病気の原因となりますが、中性脂肪も内臓脂肪も生きていくためには必要不可欠なものです。 中性脂肪や内臓脂肪にはそれぞれ異なった特徴があります。
脂質異常症とは【ガイドライン】
脂質異常症という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、中性脂肪の高い高脂血症と、LDLコレステロールが高くてHDLコレステロールが低い異常コレステロールを総称して、2007年から脂質異常症と呼ばれるようになりました。
子供の脂質異常、お母さんが気をつけて!子供の脂質異常症の原因
若くして脳梗塞や心筋梗塞なんて大きな病気に罹らないようにするためにも、子供の脂質異常はお母さんが気をつける必要があります。
ワカメの中性脂肪を減らす働きに注目!
長崎大学の教授による、ワカメの中性脂肪を減らす効果に対する実験結果に注目が集まりました。特に肝臓での中性脂肪の減少は顕著だったそうです。
脂質異常症の薬の種類を知らないでは済まされない!
脂質異常症の治療はLDLコレステロールを下げるものとトリグリセリドを下げる薬とに分けられます。では、それぞれどんなタイプの薬があるのでしょうか?