サントリーDHA&EPA+セサミンEX

健康の為に気をつけるべきことはいろいろありますが、
その中でも高血圧、動脈硬化など循環器系に気を使うことは重要なポイントです。

 

高血圧、動脈硬化の予防に効果的と注目されているのが、DHA・EPA。
多価不飽和脂肪酸の一種で魚に多く含まれる成分です。

 

魚を多く食するイヌイットの人々に
血管系の生活習慣病が見当たらないことから、
研究され効果が判明しました。

 

DHA・EPAは細胞膜に形成に必要な脂肪酸です。
しかも柔軟性に優れた細胞膜の形成に最適な材料で、
適量を継続的に摂取することで健康な細胞の生成に繋がります。

 

また、DHAを取り込んだ細胞膜は流動性が高まり、しなやかさが増します。
その結果、悪玉コレステロールが流れやすくなり、血流も滑らかになります。

 

体中に栄養を巡らせ、不要物の排出を促す血流を改善させることは、健康維持の基本。
どんなによい食品をとってもきちんと血液が流れないと有効成分を体内に届けることはできません。

 

このように健康維持に欠かせないDHA・EPAですが、大きな欠点もあります。
それは酸化に弱く、劣化しやすい点。

 

そこで役立つのが抗酸化食品として有名なセサミンです。
セサミンがDHAとEPAを酸化から守り、本来の機能が発揮できるようサポートします。

 

それぞれが健康に欠かせない成分であるDHA・EPAとセサミン。
それらを組み合わすことで、より効果的に摂取、利用できるでしょう。

 

これらの成分のサプリメントは数多くありますが、もっとも効果的に摂取するなら、
効果的に成分が配合された「サントリーDHA&EPA+セサミンEX」は最適な製品です。

 

▼サントリーDHA&EPA+セサミンEXはこちらです▼
DHA&EPA+セサミンEX

関連ページ

コーヒーで中性脂肪を減らす効果的な飲み方とは?
コーヒーには、中性脂肪が燃焼する効果があると言われています。効果的な飲み方を学び一気に中性脂肪値を下げてしまいますか?
中性脂肪をコントロールする方法
各種中性脂肪をコントロールする方法について綴ります。
中性脂肪が高い人が気をつけなければいけないこと
中性脂肪が高めの人が注意するべき点についてまとめてみました。
美味しい上に中性脂肪も下げてくれる優秀な飲み物「お茶」
中性脂肪は、飲み物を変えるだけで対策できます。具体的なお茶を紹介します。
痩せてるから大丈夫・・・ではない!遺伝性で中性脂肪が高い人
自分は痩せているから中性脂肪の心配はいらないと思っていたら大間違い!痩せていても中性脂肪が高いケースもあるのです。
中性脂肪と内臓脂肪のふか〜い関係
脂肪の種類には皮下脂肪、中性脂肪、内臓脂肪があります。中性脂肪や内臓脂肪は多くなると病気の原因となりますが、中性脂肪も内臓脂肪も生きていくためには必要不可欠なものです。 中性脂肪や内臓脂肪にはそれぞれ異なった特徴があります。
脂質異常症とは【ガイドライン】
脂質異常症という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、中性脂肪の高い高脂血症と、LDLコレステロールが高くてHDLコレステロールが低い異常コレステロールを総称して、2007年から脂質異常症と呼ばれるようになりました。
子供の脂質異常、お母さんが気をつけて!子供の脂質異常症の原因
若くして脳梗塞や心筋梗塞なんて大きな病気に罹らないようにするためにも、子供の脂質異常はお母さんが気をつける必要があります。
ワカメの中性脂肪を減らす働きに注目!
長崎大学の教授による、ワカメの中性脂肪を減らす効果に対する実験結果に注目が集まりました。特に肝臓での中性脂肪の減少は顕著だったそうです。
脂質異常症の薬の種類を知らないでは済まされない!
脂質異常症の治療はLDLコレステロールを下げるものとトリグリセリドを下げる薬とに分けられます。では、それぞれどんなタイプの薬があるのでしょうか?