イマークsに副作用はあるのでしょうか?

 

イマークsの注目成分はEPAとDHAです。
DHAは頭が良くなるということで有名な、魚の脂に含まれる成分ですが、EPAも同じように魚の脂に含まれる成分です。
この魚の脂の成分が、血液をサラサラにしてくれるのです。

 

脂の成分が血液をサラサラにするなんて一見矛盾しているように思われるかもしれませんが、
EPAやDHAを高濃度に濃縮したものが高脂血症の「医薬品」として病院で処方されることもあるのですよ。

 

肝心のイマークsの副作用ですが、普通に適量を守って飲む分には副作用はありません。

 

ただし、飲みすぎると、血が止まりにくくなるなどの副作用が出る可能性があります。
歯医者で歯を抜くなどという予定のある方は、念のため医師に相談したほうがいいかもしれませんね。

 

お腹がゆるくなる、という副作用もあるようです。
ただこれも、大量に飲んだ場合に限られます。

 

1日1本を守って飲めば、血が止まりにくくなることも、下痢をすることもないということですね。

 

しかし、他に医薬品を飲んでいる場合には注意が必要です。
先にあげたEPAやDHAの医薬品を処方されている場合は過剰摂取になってしまい、先ほどの副作用が現れてしまうかも…。
心当たりのある方は、イマークsを飲む前に主治医に相談してみてくださいね。

 

1日1本を守って飲めば、厳しい食事制限をしなくても中性脂肪が下がるなんて嬉しいですよね。

 

 


イマークsは過剰摂取さえしなければ大丈夫です

どんなに体に良いとされるものでも過剰に摂取しすぎれば良くないことも起こります。

そして「酒は百薬の長」という言葉があるように、適度なお酒は健康に役立つのです。
ニッスイでは血中脂肪分を低下させ、健康な血液にする効果がある「イマークs」という製品を販売しています。
今回は副作用があるのかを調べてみました。

 

主成分と推奨摂取量

イマークsの主成分は"EPA"と"DHA"です。どちらも青魚に多く含まれる成分で魚の油に含まれる成分です。
油で脂肪分が低下する、疑う方もいると思われますが魚油には血流をよくする効果があります。
これを活用することで、血液をさらさらにできます。血液が詰まることで起こる病気を予防できるのです。
厚生労働省の推奨摂取量はどちらも1000mgです。(イマークs EPA 600mg DHA 260mg)

 

副作用は

EPA、DHAの摂取な過剰による副作用も存在します。
血流を良くし、サラサラにする効果があるため、傷による出血の止まりが悪くなるということです。
鼻血が出やすくなる、という作用もあります。
もうひとつの副作用が下痢になりやすいことです。
体に良い油といっても脂肪分であるのには変わりありません。
脂の乗ったお刺身を大量に食べるとおなかを壊してしまう、という例が分かりやすいですね。
また、魚油を大量に長期間摂取すると体臭に出ることがあるようです。

 

上記にあげた副作用は過剰摂取を長期間続けた場合によるものです。
適度に摂取すれば健康に良いものですのでルールを守り飲用しましょう。

 

イマークsを飲むベストな時間帯は?

毎日の食生活、そのバランスが崩れると体調全般に影響します。

おいしい食事は心に安らぎを与え、明日への活力となるのです。
「イマークs」は不足することの多い魚由来の栄養素を手軽に補える健康飲料です。
最大限の効果を発揮させるにはいつ飲むのがベストなのでしょうか。

 

EPAとDHA

イマークsに含まれている主成分は"EPA"と"DHA"です。
これは青魚に多く含まれている栄養素で、血液の状態を改善したり、頭の働きを良くしたりする効果があります。
普段の食事でも魚を中心にすることで摂取自体はできますが、効率よく吸収するためのポイントが存在します。

 

脂溶性の栄養素

これら青魚に含まれる栄養素は脂溶性の栄養素であり、脂分どうしでくっつく性質があります。
そのため、バターを使った焼き魚やフライなどで調理すると栄養素を脂が覆い、吸収されにくくなるのです。
イマークsは吸収されやすいドリンクタイプの製品となっていますが、脂っこい食事と一緒に飲むのは控えた方が良いと思われます。

 

栄養素によっては朝、または夜に摂取したほうが良いものがありますが、EPAやDHAは特に問題がありません。
そして栄養素は睡眠によって、効率よく吸収できます。そのため食事とのバランスを考えるのがおすすめです。
今日の夜は豪勢にお肉を食べよう、という日には朝。
野菜と魚を食べよう、という日には夜に飲むとより効果を発揮してくれることでしょう。

関連ページ

イマークSのお試しセットがお得な理由
まずは試してみてからにしたいという方は、イマークsのお試しセットから始めるのがベスト。
イマークSとイマークを比較してみた
旧来の商品イマークと新商品イマークsの違いについて説明します。
イマークsを購入できるコンビニはココ!?
中性脂肪を下げる効果が期待できるというイマークsがコンビニで買えるってホント?
イマークsの効果に業界激震!
中性脂肪値を下げる効果が期待できるというイマークsの効果に今業界が騒然となっています。
イマークsでダイエット?
イマークsを併用したダイエット方法について綴ります。
イマークSはまずい?
飲みやすいヨーグルト味と言っても、EPAやDHAと言った生魚に含まれている成分が入っているということでイマークsはまずいのでは思いますよね。
イマークSの成分EPAについて
イマークSの成分には中性脂肪値を下げる効果が期待できるというEPAが含まれています。
イマークsを実際飲んでみた評価
イマークsを実際飲んでみた上での評価をつけたいと思います。
ドリンクが苦手ならイマークsの錠剤を利用しては?
イマークsのドリンクタイプが嫌いという人は、同じニッスイから出ている錠剤タイプを選んでみてはどうでしょうか?
イマークsの類似品を紹介
EPA、DHAを含むイマークsの類似品をご紹介します。
イマークsの定期購入がお得
イマークsを安く買うならイマークsの定期購入もおすすめ。継続しないと効果も得られないので買い忘れる心配もなし安心ですよ。
イマークsの販売店はどこ?
イマークsは薬局(ドラッグストア)やコンビニ、ドンキなどで扱っているのでしょうか?それとも通販限定商品なのでしょうか?
イマークsの感想
イマークsを飲んでの感想とEPA・DHAの副反応について綴ります。
イマークsの楽天での評価はどうよ?
イマークsは公式サイトの他、楽天でも購入できます。気になる楽天でのイマークsの評価を見てみましょう。
イマークsは効果なし
イマークsを試した方の中には、効果なし、効かないというコメントをする方がいます。その理由について考えてみました。
サントリーのセサミンEXとイマークsどっちがおすすめ?
中性脂肪を下げる効果が期待できるというEPA・DHAを含むサプリで有名なのはサントリーかイマークですが、どちらがいいのでしょうか?
イマークsの正しい飲み方
イマークsの正しい飲み方についてお伝えいたします。
イマークsカプセルをまだ知らないの?
イマークsのカプセルタイプの商品をご存知でしょうか?
イマークsはいつ飲む?
イマークsは食前?食間?それとも食後に飲むのがいいのでしょうか?いつ飲むのがいいのかを説明します。
イマークSを買ってはいけない理由はコレ!?
イマークsと検索すると、なぜかイマークsは買ってはいけないとヒットします。その理由を調べたところ、あることが判明いたしました。
イマークsは効果なし!味も私には駄目だった!まずい!
会社の健康診断で中性脂肪値が引っかかってしまい、イマークsを飲むことに。ところがこの味たるやびっくりするぐらいまずい!しかも効果もありませんでした。